高麗の里 巾着田の彼岸花を見に行く

kinchakuda02.png

 

【見頃】 9月中旬~下旬
【場所】 高麗の里 巾着田 約100万本
【行き方】西武池袋線「高麗」駅から、徒歩15分
【料金】曼珠沙華群生地は、開花期間中有料です。(1人200円)

kinchakudamap.png

このように、高麗駅から巾着田までは1キロくらいしかなく、
徒歩でも楽に行く事ができます。

地図を見ると道が複雑そうに思えますが、
花の時期に駅を降りると、ほとんどが巾着田に行く人なので、
みんなの後をついていけば自動的に到着します。

彼岸花が咲いているのは、川に沿った内側の弧状のエリアで、
地図の緑色に塗られた部分になります。

kinchakuda03.png

 

【開花状況の確認方法】
花の見頃は、例年9月中旬~下旬ですが、気象条件によって前後するので、
公式ホームページであらかじめ確認しておきましょう。

kinchakuda00.png

日高市・曼珠沙華の里公式ホームページ
http://www.kinchakuda.com/

【高麗駅までの交通】
乗換え案内によるアクセス方法と駅の時刻表がご覧になれます。

西武鉄道のガイドブック
http://hanasanpo.jp/season/manjusyage.html

【運動量の目安】
駅から巾着田の往復と花を一通り見て回ると、
4~5キロの運動になります。

しかし、それでは足りない方向けに、
西武鉄道では約10キロのコースを用意しています。

ハイキングマップ 奥武蔵 巾着田
http://www.hikingmap.jp/course/kinchakuda01.html

kinchakuda01.png

 

【JR高麗川駅からのアクセス】
JRで行く場合は高麗川駅が最寄駅になりますが、
徒歩では約1時間もかかり、意外と距離があるのと、
裏道を知らない人にとっては交通量の多い県道を通らなければならないので
あまりお勧めしていません。

なお、2008年9月20日・21日・23日に運行される無料シャトルバスは、
JRの駅からのアクセスには向いていません。西武の高麗川駅から歩いた方が近くて便利なため。

【無料シャトルバス】
巾着田⇔高麗神社⇔長澤酒造⇔市役所駐車場⇔醤遊王国(弓削田醤油)⇔加藤牧場⇔サイボクまきばの湯

無料シャトルバスは20分に1本の運行ということで、
こんなプランが考えられます。

午前中は巾着田で花を見て、
午後からサイボクまきばの湯での入浴と
敷地内のレストランと店舗で食事や買い物を
楽しむのはどうでしょうか?

サイボクではどっちの料理ショーで紹介されたスーパーゴールデンポークや
金賞受賞のソーセージをはじめとする
定評のある畜産製品が揃っています。

まきばの湯は天然温泉で、休日には家族連れでにぎわう人気施設です。
車の人はお湯を持ち帰られる温泉スタンドもあります。

makibanoyu.png

 

ちなみに、無料シャトルバス乗降場から駅までは、
高麗神社からJR高麗川駅は徒歩約25分、
加藤牧場からJR武蔵高萩駅は徒歩約25分、
サイボクまきばの湯からJR笠幡駅は徒歩約25分
となっています。