1500万本が一面に咲き誇る「吉見町のコスモス」

吉見町のコスモスの特徴は、
その圧倒的な本数です。

くりはま花の国が100万本、
昭和記念公園でも411万本なので、
横綱クラスの規模は圧倒的かつ
その凄さは数字以上のものがあります。

そんな、関東随一のコスモスを楽しんでみませんか?
yoshimi-kosumosu1.png

▼吉見町下細谷耕地データ

花の数:約1500万本(面積約12ヘクタール)
見頃 :10月上旬~10月下旬

行き方:東武東上線東松山駅からバス約12分、「比企吉見農協前」下車徒歩5分

入場料:無料
yoshimi-kosumosu-map2.png

▼おすすめコース

東松山駅⇒吉見百穴・岩殿観音⇒大沼・天神沼⇒下細谷耕地(コスモス畑)
⇒八丁湖⇒東平(梨狩り)⇒東松山駅

yoshimi-kosumosu-map0.png

〔コースのポイント〕
yoshimi-kosumosu-point1.png

駅前通りを東に向かって歩き、郵便局の脇の細い道を左折して公園に入る。
地下道を通り、遊歩道をしばらく歩く。

yoshimi-kosumosu-point2.png

道の左側をしばらく歩く。(右側を歩くと歩道橋を渡らなければならないため)
突き当りで信号を渡り、右折してすぐの橋を渡る。(反対側には歩道がないので注意)
ichinogawanohashi.png

吉見百穴の前を通り、細い道の坂を登る。

yoshimi-kosumosu-point3.png

大沼の北側を歩き、途中で左折して大沼から天神沼へ抜ける道に入る。
天神沼の北側の道は未舗装で細く、民家の裏のようなところですが、
そのまま通り抜ける。

yoshimi-kosumosu-point4.png

吉見町役場の角を右折し、スーパーの前の道を左折して狭い道を進む。
工場の入口の先を左折し、ガソリンスタンドの手前の砂利道を進む。
砂利道は歩きづらいのですが、
県道には歩道がなく、すぐ脇をトラックが勢い良く通り過ぎるので、
なるべく砂利道を歩くようにしてください。↓
yoshimi-kosumosu-abunai.png

▼健康維持のためには

往きの東松山駅からコスモス畑まで(約9キロ)は徒歩をお勧めします。

 

▼東松山のおすすめ 行ったらぜひ楽しみたい・・・

(その1) 梨狩り    (その2) やきとり

詳しくはこちらから

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です