花菖蒲(その1)東京23区内

meijijingu-shoubu02.png

▼明治神宮 御苑(東京都渋谷区)

概 要 :明治神宮境内にある庭園。苑内の北西にある菖蒲田には
約150種、1500株の花菖蒲が植えられています。

料 金 :大人500円、小中学生200円
開園時間:【6月】8時~17時(土日は18時まで)
見 頃 :6月上旬~中旬頃

所在地:東京都渋谷区代々木神園町1-1
行き方:JR山手線「原宿駅」から徒歩5分

詳細情報: 明治神宮 御苑の花菖蒲

何度も利用する場合は、崇敬会(1年間3000円)に入会するとお得。
会員証が年間パスポートのようになり、
見せるだけで御苑と宝物殿と外苑の絵画館が同時に3名まで、何度でも入れます。

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 

▼清澄庭園(東京都江東区)

概 要 :明治初期、荒廃していた大名屋敷跡を
岩崎弥太郎が購入し整備した回遊式築山林泉庭園庭園。
園内には約350株の花菖蒲が植えられています。

料 金 :中学生以上150円、65歳以上70円
(小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料)
【年間パスポート】 大人600円 、65歳以上280円
開園時間:9時~17時
見 頃 :6月中旬頃

所在地:江東区清澄3-3-9
行き方:地下鉄(半蔵門線、大江戸線)「清澄白河駅」から徒歩3分

詳細情報: 東京都庭園協会「庭園へ行こう。」清澄庭園

 

▼小石川後楽園(東京都文京区)

概 要 :水戸徳川家の屋敷として造られた庭園。
園内の菖蒲田には約660株の花菖蒲が植えられています。

料 金 :中学生以上300円、65歳以上150円
【年間パスポート】 大人1200円、65歳以上600円
開園時間:9時~17時
見 頃 :5月下旬~6月中旬

所在地:文京区後楽1-6-6
行き方:地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩3分

詳細情報: 東京都庭園協会「庭園へ行こう。」小石川後楽園

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 

▼水元公園(東京都葛飾区)

概 要 :小合溜に沿って造られた水郷の景観をもつ公園で、
園内には約100種、20万株の花菖蒲が植えられ、
都内最大規模を誇っています。

料 金 :無料
開園時間:-
見 頃 :6月上旬~下旬

所在地:葛飾区水元公園3-2 他
行き方:JR常磐線(千代田線)「金町駅」から徒歩約20分
詳細情報: 東京都庭園協会「庭園へ行こう。」水元公園

 

▼足立区しょうぶ沼公園(東京都足立区)

概 要 :かつて「菖蒲沼耕地」と呼ばれたこの一帯には、
ノハナショウブが多数咲いていました。
この地に新たに公園を造営することになり、
旧地名にちなんだ名が付けられました。
現在、5つの菖蒲田には、
約100種6500株の花菖蒲が植えられています。
6月初旬の土日には、「しょうぶまつり&スタンプラリー」を開催
料 金 :無料
開園時間:-
見 頃 :6月上旬~中旬

所在地:足立区谷中2丁目4-1
行き方:千代田線「北綾瀬駅」から徒歩1分

詳細情報: 足立区施設案内 しょうぶ沼公園

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 

▼堀切菖蒲園(東京都葛飾区) 

概 要 :江戸時代の文化年間に地元の農民によって花菖蒲が栽培されたのが
堀切菖蒲園の始まりと伝えられ、
現在では、約200種、6000株の花菖蒲が植えられている。
開花期間には、ほりきり葛飾菖蒲まつりを開催(6月初旬~20日頃)

料 金 :無料
開園時間:8時~18時(菖蒲まつり期間以外は9時~16時半)
見 頃 :6月上旬~中旬

所在地:東京都葛飾区堀切2丁目
行き方:京成線堀切菖蒲園から徒歩15分

詳細情報: 葛飾おでかけガイド 堀切菖蒲園

 

 

▼小岩菖蒲園(東京都江戸川区)
 概 要 :小岩菖蒲園は江戸川の河川敷に広がる公園で、
100種5万本の花菖蒲に加え、約1700株のあじさいが同時に楽しめます。
また、6月上旬から下旬にかけて「小岩菖蒲園まつり」が開催されます。

料 金 :無料
開園時間:-
見 頃 :6月初旬~下旬

所在地:江戸川区北小岩四丁目
行き方:京成線「江戸川駅」から徒歩5分
詳細情報: 江戸川区 区内の見どころ・区内めぐり 小岩菖蒲園まつり

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です