梅(その1) 北関東

▼水戸偕楽園(茨城県水戸市)

概 要 :偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」の1つで、
天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。

現在、約130,000㎡の園内には約100品種、3000本の梅が植えられ、
毎年2月中旬~3月下旬まで水戸の梅まつりを開催しています。

料 金 :無料
開園時間:6時~19時(2/20~9/30)
見 頃 :2月下旬~3月下旬

所在地:水戸市常磐町
行き方:JR常磐線「水戸駅」から偕楽園行きバスで約15分
または、JR常磐線「偕楽園駅」下車すぐ(梅の期間だけの臨時駅)

詳細情報: 偕楽園 茨城県営都市公園オフィシャルサイト

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 

▼秋間梅林(群馬県安中市) 

概 要 :秋間川上流の丘陵に広がる約500,000㎡の梅林には
35000本以上の梅が咲き誇ります。
なお、2月中旬~3月下旬まで秋間梅林祭りを開催しています。

料 金 :無料
開園時間:-
見 頃 :2月下旬から3月下旬

所在地:群馬県安中市西上秋間
行き方:JR信越線「安中駅」下車、
秋間中関行きバスで約20分、恵宝沢バス停下車徒歩5分

詳細情報: 安中市ホームページ 秋間梅林

 

▼越生梅林(埼玉県越生町) 

概 要 :関東三大梅林の1つに数えられ、20,000㎡の園内には、
白加賀・紅梅のほか、越生野梅などの古木200本の合計約1,000本があり、
梅林周辺の農地を含めると2万本の梅が咲きほこります。

毎年2月中旬から3月下旬まで梅まつりが行われるほか、
期間中の休日には鉄道会社のハイキングイベントも開催されます。

なお、純粋に花だけを楽しみたい場合は、鉄道会社のイベントなどで
梅林の奥の農地をまわるのがお勧めです。

料 金 :200円(中学生以上)
開園時間:8時半~17時
見 頃 :2月中旬~3月中旬

所在地:埼玉県越生町堂山
行き方:東武鉄道越生線・JR八高線「越生駅」から川越観光バス黒山行きで10分、
「梅林入口」下車

詳細情報: 越生梅林 梅まつり

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 

▼宝登山 梅百花園(埼玉県長瀞町)

概 要 :長瀞の宝登山頂にある庭園です。関東一品種の多い梅園で、
園内には約170種類、500本の梅が植えられています。
また、「臘梅園」に隣接しており、この時期、蝋梅と福寿草も楽しめます。

料 金 :無料
開園時間:9時~16時
見 頃 :2月上旬~3月下旬

所在地:埼玉県長瀞町長瀞
行き方:秩父鉄道「長瀞駅」から徒歩15分、
宝登山ロープウェイで5分または徒歩約40分

詳細情報: 秩父鉄道 長瀞宝登山梅百花園

 

▼国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県滑川町)

概 要 :明治百年記念事業の一環して昭和49年7月に開設され、
丘陵地帯の自然の形を活かした、
東西1km、南北約4km、面積約304万㎡の公園です。
南口に近い花木園には120品種、約600本の梅と福寿草が見られます。

料 金 :大人400円、小中学生80円、シルバー(65歳以上)200円
(10回分の値段の年間パスポートがあります)
開園時間:12月~2月 9時半~16時
3月~10月 9時半~17時
見 頃 :2月中旬~3月中旬

所在地:埼玉県比企郡滑川町山田1920
行き方:東武東上線「森林公園駅」からバスまたは徒歩約40分
詳細情報: 国営武蔵丘陵森林公園

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 

▼大宮第二公園(埼玉県さいたま市)

概 要 :大宮公園の東に広がる大宮第二公園は、昭和55年に開設された、
見沼代用水西縁の東側に広がる約23万㎡の公園です。

園内では菖蒲、紫陽花、藤などの季節の花が楽しめ、
梅は紅梅、白梅をはじめとする約45品種520本が植えられています。
また、毎年2月中旬から3月には「梅まつり」が開催されています。

料 金 :無料
開園時間:-
見 頃 :2月上旬~下旬

所在地:埼玉県大宮市寿能町2丁目
行き方:東武野田線「大宮公園駅」から徒歩約15分
詳細情報: 大宮第二・第三公園

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です