見沼代用水を歩く(その3) 大宮駅から蓮田駅

【お勧めコース】
大宮駅⇒(13)大宮公園・第二公園⇒(14)見沼グリーンセンター
⇒(15)西縁と東縁との分岐⇒(16)瓦葺伏越⇒蓮田駅

omiyakarahasuda01a.png

omiyakarahasuda00a.png

【見どころ】

(13)大宮公園・第二公園
大宮駅東口の駅前通りをまっすぐ進むと、氷川神社の参道にぶつかります。
参道を左折して氷川神社に向かって歩くと、
氷川神社とその裏にある大宮公園にたどりつきます。
公園東側の連絡道路を進むと第二公園です。
公園手前の水路が見沼代用水西縁です。
ここを左に曲がって用水沿いの道を歩きましょう。

nishiberi.png

画像をクリックすると拡大します

 

(14)見沼グリーンセンター(市民の森)
名称は少々大げさですが、普通の公園です。
途中の休憩場所として最適です。

minumagreen.JPG

公園内を歩き、北側から公園を出たら、左に曲がり道なりに歩きましょう。
見沼代用水を渡って200メートルほどで突き当りを右に曲がると、
東北線の陸橋が見えてきます。
見沼代用水沿いを歩いても東北線を渡れず、ここまで戻ってくることになります。
陸橋を渡ったら右に曲がり、
東北線の線路沿いの道を歩きます。
自動車学校のところで見沼代用水に突き当たるので、
用水沿いの道をしばらく歩きましょう。
用水路がほぼ直角に右に曲がっているので、用水路に沿って歩くと再び陸橋が見えてきます。
この陸橋は東大宮のJRの車庫と芝川を跨ぐものです。

その先に親水公園が見えてきます。
大きな道を渡ると用水路の跡らしい土地が見えるので、側道を歩きます。
再び用水路が姿を現すので、そのまま歩き続け、団地の横を通り、国道16号線の下をくぐります。

 

(15)西縁と東縁との分岐
国道16号線を越えすこし歩くと右側に水路が見えてきます。
中学校の横でその水路と合流します。それが東縁です。

kawarabuki.png

画像をクリックすると拡大します

 

(16)瓦葺伏越
すぐ先には伏越があり、見沼代用水は綾瀬川の下を導水管でくぐっています。
昔は懸け樋(橋のような水路)で綾瀬川を跨いでいたので、
そのレンガ造りの遺跡が残っています。

kawarabukifusekoshi01.JPG

見沼代用水の水位は隣の橋とほぼ同じ高さで、
中央の綾瀬川は4mくらい低い位置を流れています。
見沼代用水の水はその更に下に設置された水管を流れます。

綾瀬川を渡り、その先を進むと線路沿いに出ますが
そのまま進み、最初の大きな道と交わったところを右折して
900メートルほど進むと蓮田駅です。