羽田可動橋(東京都大田区)

hanedakadoukyou-zentai.png

東京都大田区の海老取川に架かる羽田可動橋は
首都高速1号羽田線の渋滞解消のために造られた
1車線だけの旋回橋です。

現在は他の4車線の海底トンネルだけが使われており
常に開いた状態になっていて動く様子は見られませんが、
いつかは再び動く可能性があります。

大森側(北西)では堤防の内側に自由に入れるので、
橋の状態を間近に見ることができます。

橋の構造

橋の片側だけでなく両側が同じように旋回し、
開いた時は2本が平行に並びます。

hanedakadoukyou-joukuu.png

また、可動部の中央寄りの丸い橋脚が支点となり、
橋のたもとに近い方の扇形の橋脚の中には
レールと車輪があり、
その上を動いて旋回する構造となっています。

hanedakadoukyou-kouzou.png

写真右の右側の橋脚が支点で、
写真左には可動部を支えるレールと車輪が見えます。

羽田可動橋のある場所

羽田空港と蒲田駅の中間よりやや北側にあります。
hanedakadoukyou-map3.png

行き方

京浜急行空港線穴守稲荷駅下車、徒歩約30分(北北東約2キロ)

 

詳しい内容は、

羽田可動橋と水門と浜辺の公園を訪ねる

をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です