末広橋梁

suihirokyouryou0.png

【名称】   末広橋梁(すえひろきょうりょう)
【所在地】  三重県四日市市
【タイプ】  跳開橋(片側)
【利用対象】 鉄道専用
【橋の状態】 稼働中
【公開状況】 一般公開
【行き方】  JR関西本線 四日市駅から徒歩約15分

詳しい地図で見る

【橋の概要】
三重県四日市市の千歳運河に架かる
国内で唯一現役の鉄道可動橋で、
重要文化財に指定されています。

橋のタイプは跳開(ちょうかい)式可動橋で、
橋桁の一方を支点に先端が跳ね上がる構造となっています。

このタイプの可動橋は、
東京の隅田川に架かる勝鬨橋(かちどきばし)や
ロンドンのタワーブリッジが有名です。

なお、勝鬨橋は橋の両側が跳ね上がるのに対し、
末広橋梁は、四日市側の片方だけが跳ね上がります。

【追加情報】
正確な時刻は分かりませんが、ネットや現地で調べてみると
休日を除く、10時頃、13時頃、17時頃の1日3往復のようです。

より詳しい情報は、こちらをご覧になってください。
『国内で唯一現役の鉄道可動橋 末広橋梁(すえひろきょうりょう)』
http://brigde.eau23.com/2008/10/post-6.html

【参考施設】
すぐとなりに道路用の跳開橋、「臨港橋」があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です