久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その2~ 久野瀬橋

【久慈川唯一といえる流れ橋タイプの木造の沈下橋(地獄橋)】

kunosebashi0.png

袋田駅の北約800mにある木製の流木よけがある流れ橋です。
橋脚(台)はコンクリート製でその上に木製の橋桁が乗った構造です。

kunosebashi3.png

水面からの高さが非常に低く、
訪れた時は特別水量が多い状態ではありませんでしたが、
80cmくらいしかありませんでした。

そのあたりが橋脚(台)が木でなくコンクリート製となっている理由かも知れません。

路面の端はL字鋼が取り付けられ、
流れ止めのワイヤーがU字状の金具で取り付けられています。

木製の流木よけは斜めの柱の角度が非常に浅いのが特徴で、
これでいいのかという印象です。

kunosebashi2.png


【久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり 目次】

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その1~ 概要

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その2~ 久野瀬橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その3~ 平山橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その4~ 木崎橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その5~ 落合橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その6~ 竹瓦橋

久慈川の沈下橋(地獄橋)めぐり ~その7~ 留橋跡