関東近郊の木の橋

(1)桜橋(芝川、さいたま市緑区)
八丁橋の上流、武蔵野線のすぐ南側にあります。
橋脚はコンクリート製ですが、梁や欄干などが木でできています。
路面はアスファルトで舗装されています。

sakurabashi0.png

(2)多和目天神橋(高麗川、坂戸市)
ここで取り上げている高麗川~越辺川の橋でもっとも上流にあり、
最寄駅は東武越生線西大家駅になります。
以前は橋脚も含めて木でできた橋でしたが、
私が最初に訪れた時は、既に鉄骨製になってしまいました。

tawametenjinbashi0.png

(3)多和目橋(高麗川、坂戸市)
多和目天神橋の1キロほど下流にある橋で、
東武越生線川角駅から1キロほど離れた場所にあります。
この中でもっとも交通量の多い木の橋です。
川の北側(左岸)にはいくつかの大学と短大などが密集し、
対岸への抜け道となっています。

tawamebashi0.png

(4)若宮橋(高麗川、坂戸市)
多和目橋から更に下流、
東武越生線一本松駅から2キロほど離れたところにあります。

watamiyabashi0.png

(5)島田橋(越辺川、坂戸市~東松山市)
若宮橋の下流にあり、高麗川が越辺川と合流後の
東武東上線と国道407号線の高坂橋のすぐ下流にあります。
大河ドラマ「風林火山」のロケ地となった橋です。

shimadabashi0.png

(6)赤尾落合橋(越辺川、坂戸市~東松山市)
島田橋から4キロ程度下流の、
越辺川が都幾川と合流する直前に架かる橋で、
下の長楽落合橋の隣にあります。

akaoochiaibashi0.png

(7)長楽落合橋(都幾川、東松山市~川島町)
都幾川と越辺川の合流地点の直前にあり、
都幾川に架かるのが長楽落合橋です。

nagaraochiaibashi0.png

(8)八幡橋(越辺川、坂戸市)
赤尾落合橋と長楽落合橋の7キロほど下流に架かり、
すぐ下流には圏央道の橋があります。
hachimanbashi0.png

(2)の多和目天神橋から(8)の八幡橋までは、坂戸周辺に集中しています。

kantounohashi-map2.png

kantounohashi-map1.png

(9)佐野橋(烏川、高崎市)
高崎駅の南約3キロの烏川に架かる木の橋です。
ちょうど上越新幹線と上信電鉄が離れる地点に架かる
上信電鉄の鉄橋のすぐ隣にあります。
橋脚は青色の鉄製ですが、梁から上は木造となっています。

sanobashi.png