矢掛町の流れ橋

岡山県の矢掛町は流れ橋がいくつか残っているという情報を得たため、
早速岡山まで行ってみました。

(1)観月橋 
image6.jpg

井原鉄道の矢掛駅から南に約600m、
矢掛本陣の少し東側にあった流れ橋です。
image11.jpg

2008年6月には通行可能だったようですが、
現在は駅前の案内地図からも削除され、
今後の復活はないようです。

私が訪れた2009年8月時点では、
橋脚が残り、流された橋がワイヤーでつながれたまま放置されていました。

なお、Yahoo!地図の航空写真では、
小さいながらも昔の状態を見ることができます。

(2)名称不明
image5.jpg

観月橋の約1000m西、新栄橋から約500m西の中州の端の地点に、
橋の跡と思われるコンクリート製の橋脚が2つだけ残されていました。

 
DSC07495.jpg

 

(3)向山橋
観月橋の約1600m西に架かっていた流れ橋です。
現在ではすぐ隣に新しい橋が架けられ、
古い橋は跡形もありません。

川沿いの国道が分岐して川と少し離れる地点が5叉路になっていて、
そこに信号機があり、新しい橋が架かっています。

Yahoo!地図の航空写真では
昔の橋と建設中で橋脚だけの新しい橋の様子が見られます。

(4)野宮橋
image7.jpg

轟橋と中央橋のほぼ中間に、
現在でも現役の流れ橋がひっそりと架かっています。
矢掛駅側は工場と畑があり、対岸は畑と小さな山だけの風景です。
image8.jpg

利用する人がいるのか疑問ですが、
流れ橋の似合うこの周辺の風景はなかなか良いものです。

(5)北畑橋
image9.jpg

寺迫地区と北川地区を結ぶ流れ橋で、
井原鉄道の小田駅から南東に約700m行った地点にあります。
小田駅側の寺迫地区はすぐ東が小さな山になっていて、
対岸の北川地区は住宅地になっています。
image10.jpg

2009年8月に訪れた時は橋が流されたままで、
橋脚はそのまま、流された橋はワイヤーにつながった状態で放置されていました。