(6)茂宮川の木の橋

茂宮川は現在では久慈川には直接合流していませんが、
日立市に隣接する常陸太田市高貫町付近を源に、
常陸太田市の東部を南下し、その後日立市の南部を東に流れる
長さ約15.0キロの河川です。

茂宮川に30近くある橋のうち、5つが木の橋となっています。

▼堰に渡した一本橋 【木橋S】【流れ橋】
名称不明 堰で幅が狭くなっている部分に1枚の木の板とロープを渡しただけの橋

mom05b.png

 

▼高貫町の木の橋1 【木橋C】
名称不明 錆びた鉄の梁の木の橋 橋脚なしの1スパン 下流側に錆びた水色の配管

mom06c.png

 

▼高貫町の木の橋2 【木橋C】
名称不明 赤い鉄の梁の木の橋 橋脚なしの1スパン

mom07c.png

 

▼名称不明 【木橋A】
木の橋 4本柱の橋脚4基 橋の両側が低くなっているのが印象的
かなり傷んでおり通行不可

mom19c.png

 

▼鷹匠橋 【木橋A】
全て木の橋 4本柱の木の橋脚2基 梁も木製 路面に板を被せている 流木よけなし 茂宮川下流に残る唯一の現役の木の橋です。

mom25c.png