注意事項

このコースはあくまで参考です。
次の2つの理由によりこのままのコースはお勧めできないからです。

(1)縦走するなら北側の十里木からがお勧め
いろいろな方のページを見て分かるように、
南側から縦走した方はほとんどいません。

というのは、
十里木から越前岳までの標高差は約600mでそれほどでもありません。
そして、その後はアップダウンを繰り返して下っていくのに対し、
南側から登ると、柳沢から愛鷹山までの標高差はその2倍近い約1150mもあり、
アップダウンを繰り返しながら登っていくことになるからで、
同じコースを通るにしても、負荷が全然違います。

そのため縦走するなら反対側の十里木からをお勧めします。

また、コース上で一番厳しい鋸岳付近を、
まだ元気なうちに通過するのと、
疲れてきてから通過するのとでは
安全性や厳しさが全然違います。

その点でも北側からの縦走が圧倒的に楽です。
ashitakayama-danmen.png

さらに、帰りの交通を考えると余計にそうせざるを得ません。

完全に山の中の十里木からのバスは
本数が少なく、終バスも早いので、
終バスを逃すとそこから20キロ以上、
疲れた体で夜道を何時間も歩かなければ駅に着けないのです。

疲れたあげく、夜道を何時間も歩くのはかなりつらいものです。

北側から縦走すると終点の柳沢は
近くにバス路線が複数あり、終バスも遅いので、
明るいうちに下山すればバスを利用する事ができます。
仮にそこから駅まで歩いても数キロしかなく、
人が住んでいる地区を歩くので
暗くなっても安心できます。

(2)鋸岳は初心者には危険
鋸岳はかなり崩れていて足場が悪く、
鎖とロープを使う場所がほとんどのため、
初心者には向いていません。

そのため、ここを避けたコースを通るようにして下さい。

北側からは越前岳を経て蓬莱岳で引き返すコースをお勧めします。
越前岳からは北側の十里木だけでなく、
東側の須山、西側の勢子辻方面に下りることができます。

また、南側からは、愛鷹山を経て位牌岳までで引換えすか、
途中で東側に下山することをお勧めします。

主なポイント間の参考タイムは次のようになります。
ここで紹介している他のコースでは5~6km/h程度の実績があるのに、
愛鷹山のコースではこの程度にしかなりません。

08:10 片浜駅
↓ (50分,5000m)6.0km/h
09:00 柳沢登山口
↓ (145分,8200m)3.4km/h
11:25 愛鷹山 1188m
↓ (129分,4200m)2.0km/h
13:34 位牌岳 1457m
↓ (125分,3200m)1.5km/h
15:39 呼子岳 1313m
↓ (121分,5000m)2.5km/h
17:40 十里木

ちなみに、位牌岳から蓬莱山までの区間では1.0km/hくらいで
いかにコースが厳しいかが分かるかと思います。

 

愛鷹山縦走 片浜駅から十里木まで
『愛鷹山の峰々を訪ねる』目次

コースの概要 前の記事

注意事項

その1 片浜駅から愛鷹山まで 次の記事

その2 愛鷹山から位牌岳まで

その3 位牌岳から呼子岳まで

その4 呼子岳から十里木まで