日帰り入浴

 

万座温泉には日帰り入浴専用施設がないため、各ホテル・旅館の施設を利用します。

各ホテル・旅館の利用時間と料金は次のようになりますが、
詳しい内容と最新情報は下の画像をクリックして公式ホームページでご確認ください。

各施設とも利用できない日がありますので、事前に確認をお願いします。

施設名 :万座プリンスホテル
利用時間:11時~16時(最終受付15時)
利用料金:おとな1300円、小学生650円
温 泉 :内風呂(ななかまどの湯 男女各2)、露天風呂(こまくさの湯 男女各2、共用1、しゃくなげの湯 女性専用1) 源泉 姥湯など、泉温約80℃、pH -
問合せ先:0279-97-3111(9時~21時)
備 考 :インターネット限定割引チケット1000円もあります。

施設名 :万座高原ホテル
利用時間:11時~18時(最終受付17時)
利用料金:おとな1500円、小学生750円
温 泉 :石庭露天風呂(共用7、女性用1)、百泉の湯(内風呂 男女各1、露天 共用1、女性用1) 源泉名 姥湯・竜泉の湯・大苦湯・嬬取の湯、泉温約80℃、pH -
問合せ先:0279-97-3111(9時~21時)
備 考 :インターネット限定割引チケット1200円もあります。

施設名 :万座温泉 日進舘
利用時間:10時~17時
利用料金:1000円
温 泉 :大浴場 長寿の湯(内湯4、露天2)、極楽湯(離れの露天風呂1)、いずれも男女同数 源泉名 - 、泉温約80℃、pH -
問合せ先:0279-97-3131(7時~22時)
備 考 :万天の湯(宿泊者専用)、円満の湯(貸切風呂)、休憩室(広間)は利用できません

施設名 :ホテル万座亭
利用時間:11時~16時(最終受付15時)
利用料金:おとな1000円、小学生以下500円
温 泉 :内湯、ログ露天風呂
源泉名 - 、泉温80℃、pH -
問合せ先:0279-97-3111(9時~21時)
備 考 :浴用タオル付き

施設名 :万座ホテル聚楽
利用時間:平日・土曜12時30分~16時、日曜・祝日11時30分~16時
利用料金:おとな1000円、3歳から小学生500円(タオル250円・貸しバスタオル300円)
温 泉 :雲海の湯 露天2+内湯1/露天1+内湯1(男女入れ替え)
源泉 法性(ほうしょう)の湯、泉温43.7℃、pH3.2
800m先の源泉から引き湯(加温)
問合せ先:0279-97-3535(9時~21時)
備 考 :インターネット公式ページ限定割引券800円もあります。

施設名 :万座温泉 豊国館
利用時間:8時~18時
利用料金:不明
温 泉 :内風呂(男女別各1)、露天風呂(混浴1、女性専用1)
源泉名 にが湯、泉温75.8℃、pH2.3
問合せ先:0279-97-2525
備 考 :

施設名 :万座温泉 松屋ホテル
利用時間:
利用料金:
問合せ先:
備 考 :閉館したようです

施設名 :万座温泉 湯の花旅館
利用時間:10時~15時
利用料金:700円
温 泉 :延寿の湯 男女別内湯各1(さるのこしかけ湯)、混浴露天風呂1
源泉名 ラジウム北光泉、泉温76℃、pH2.5
問合せ先:0279-97-3152
備 考 :

▼割引券
・万座プリンスホテルと万座高原ホテルの割引券は、観光案内所などで入手できます。
・日進舘の割引券は、観光案内所などで入手できます。
・施設によってはインターネット限定の割引券があります。

なお、施設選びに迷っている場合や3か所以上の温泉を楽しみたい場合には
「万座温泉湯めぐり手形」がお得で便利です。

▼万座温泉湯めぐり手形
3ヶ所以上の温泉を楽しみたい方には便利でお得な湯めぐり手形があります。
手形自体は間伐材のような直径10センチ程度の丸太をスライスしたものに紐が通してあるものです。
日帰り入浴の場合はそれを購入し、施設を利用するたびに500円を支払う仕組みになっているようです。
一方、宿泊客の場合は施設を利用できるシールが裏に3枚貼ってあって、
3ヶ所まではそのシールを500円代わりに使用できますが、
4ヶ所目以降はシールがないので日帰り入浴の場合と同じように
500円を支払うことになるものです。
宿泊者用が高いのはそのためで、実質的には日帰り利用3回分の1500円と手形代の700円を加えた2200円分が1200円で販売されているという訳です。

・万座温泉湯めぐり手形
日帰り入浴の方   1枚 ¥700 / 各施設利用料 ¥500
万座温泉に宿泊の方 1枚 ¥1,200 / 他施設3回まで無料 4回目以降 ¥500

※購入年内有効