(その1) 青春18きっぷ

seishun18ao.png

使い方にもよりますが、
だいたいJR線で150キロ圏あたりを移動する場合には
青春18きっぷが断然お得です。

最近はグリーン券を買えば
普通列車・快速列車の自由席グリーン車にも乗れるようになったため、
座って行きたい時などは便利です。

一部の区間では特急や特急車両にも乗れるので、
それを狙ってみるのもよろしいかと思います

 

特急車両に乗ってみよう!

<P青春18きっぷで乗れるのは
青春18きっぷで乗れるのは
ロングシートの通勤車両ばかりだと思ったら大間違いです。

同じ区間でも時間さえ合わせれば、
特急車両でゆったりすることができます。

せっかくなら、それを狙ってお得さを倍増させてみませんか?

 

青春18きっぷで特急車両に乗れる例

(1)特急が一部区間だけ普通または快速として運転する例

(2)特例で特急列車に乗車できる例

(3)特急の折り返しなどで普通列車として運転する例

(4)古い特急車両などを使用する例

(5)イベント列車など全車指定席のもの(指定席料金が必要)

(6)ホームライナー(別途ライナー券の購入が必要)

 

高速バスより青春18きっぷ

このところ高速バスが人気となっていますが、
実は、高速バスとJRの普通列車を比べると、
所要時間はほとんど同じで、意外と普通列車は速いんです。

普通列車といっても、快速など乗車券以外に料金を必要としない列車も含みます。
それは本当? そう思う人はこれを見てください。

東京から名古屋までの高速バスと普通列車の比較です。

普通列車VS高速バス(東京⇒名古屋の場合)

【高速バス】

運行本数 1日14本(臨時を含む)、
所要時間約6時間、運賃5100円

【普通列車】

運行本数 1日24本相当、
所要時間約6時間半、運賃6090円

(青春18きっぷを使用すれば2300円)

このように、
高速バスと普通列車ではほとんど差がありません。
また、一番心配な乗換も、2回から5回までで、
1時間から2時間おきに体を動かすことになるため、
最近問題となっているエコノミークラス症候群にもなりにくいのが特徴です。

昼間に東京~名古屋間を移動する場合は、
高速バスでなくJRの普通列車を利用しましょう。

同様に、東京~仙台間など300キロくらいの距離なら6時間程度で行けるので、
十分利用価値があると思います。

 

通はやっぱり赤い青春18きっぷ

昔ながらのタイプに近い、「赤い青春18きっぷ」

JR東日本と、JR東海の駅では全滅してしまいましたが、
今でも根強い人気で、わざわざ遠くまで買いに行く人もいます。

購入できる駅は調べれば簡単に分かりますので、
一度購入してみるのもいいですね。
seishun18aka.png