(その5) 三浦半島1DAYきっぷ&2DAYきっぷ

季節を問わず、三浦半島は海と山の自然でいっぱいです。
たとえば、

・夏は三浦海岸の海水浴、
・春と秋は一面のコスモスやポピーで有名な「くりはま花の国」
・季節を問わず楽しめる油壺や、
・まぐろで有名な三崎漁港
・それぞれが個性的な三浦半島の岬めぐり

そんな休日を過ごすのに便利でお得なきっぷがあります。

『三浦半島1DAYきっぷ』 品川から 1900円
『三浦半島2DAYきっぷ』 品川から 2000円

このきっぷでは、フリー区間となっている
金沢文庫駅から先の京急線だけでなく、
周辺の京急バスにも乗車できるので、
電車で行けないところも行くことができ、
三浦半島を思う存分楽しめるます。
miurahantou1day.png

【このきっぷのお得なポイント】
このきっぷのいちばんの売りは、
三浦半島内のバスに自由に乗り降りできることです。

電車で行ける所は本当に良い所の手前までで、
下の名所の例では、くりはま花の国と三浦海岸くらいしか行けません。

ちなみに、品川から三崎口まで900円(片道)です。
普通に電車で往復する値段に
100円(2DAYきっぷは200円)追加するだけで、
三浦半島の隅々まで行けるバスに自由に乗り降りできるので、
大変お得な設定となっています。

【フリー区間と主な見どころ】

miu_map080226.png

・長谷大仏

・葉山周辺

hayama-map.png

・天神島、荒崎

arasaki-map.png

・油壺周辺
マリンパーク

・三崎漁港、城ヶ島

misaki-map.png

・三浦海岸周辺

・剣崎

kenzaki-map.png

・くりはま花の国

・浦賀港・観音崎

kannonzaki-map.png

・横須賀市内

・八景島

フリー区間の大きな地図はこちら
http://www.keikyu.co.jp/train/img/miura080226.pdf

【モデルコース】
三浦半島1DAYきっぷ利用 品川から

(その1)『100万本のコスモス鑑賞と三崎まぐろの昼食』
品川⇒京急久里浜⇒くりはま花の国(コスモス鑑賞)
⇒京急久里浜⇒三崎口⇒三崎港(昼食)
⇒三崎口⇒横須賀中央(市内見物)
⇒品川

(その2)『三浦半島の海岸風景と三崎まぐろと100万本のコスモス』
品川⇒逗子⇒葉山(バス車内か途中下車で海岸風景を満喫)
⇒長井⇒三崎口⇒三崎港(昼食)
⇒三崎口⇒京急久里浜⇒くりはま花の国(コスモス鑑賞)
⇒京急久里浜⇒品川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です