『都営まるごときっぷ』で東京を丸ごと楽しもう!

以前から発売されている都営交通一日乗車券が、
日暮里舎人ライナーの開業に合わせて、
『都営まるごときっぷ』
として生まれ変わりました。

都内の一日乗車券としては、
JRの『都区内パス(大人730円・小児360円)』とか
東京メトロの『東京地下鉄一日乗車券(大人710円・小児360円)』とか、
東京都交通局を含めた3社で発売している
『東京フリーきっぷ(大人1,580円・小児790円)』
が代表的なものですが、
都心中心にくまなく回るなら『都営まるごときっぷ』が絶対お得です。

大人700円、子供350円で、
都営地下鉄各線と都電、日暮里舎人ライナー、
多摩地区を含む都バスに1日に限り何度でも乗り降りできます。

また、きっぷの購入は都営の各駅はもちろん、都バス車内でも買えるので、
購入しやすいというのもお勧めする理由の一つです。

ただし、深夜バスや各地のコミニュティバスなどに乗車するには
使用できない場合や追加料金が必要になる場合があります。

東京都交通局ホームページ
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/index.html

【都営まるごときっぷで乗れる路線】

◆都営地下鉄 (浅草線、三田線、新宿線、大江戸線、合計109km)

・都営浅草線(1号線) 西馬込駅~押上駅 20駅、18.3 km
・都営三田線(6号線) 目黒駅~西高島平駅 27駅、26.5 km
・都営新宿線(10号線)新宿駅~本八幡駅 21駅、23.5 km
・都営大江戸線(12号線)都庁前駅~光が丘駅 38駅、40.7km

◆都営バス 172系統

・区部154系統
・多摩地区12系統
・深夜バス6系統(200円必要)

◆都電荒川線 三ノ輪橋駅~早稲田駅 荒川線30駅12.2km

◆日暮里・舎人ライナー 日暮里駅~見沼代親水公園駅 13駅 9.7km

【都営まるごときっぷで行けない地域】

基本的には山手線の西側の大部分と葛飾区の大部分の地域には
都営交通の鉄道とバス路線はほとんどありません。

千代田区 (ほぼ全域利用可能)
中央区  (ほぼ全域利用可能)
港区   (ほぼ全域利用可能)
新宿区  (ほぼ全域利用可能)
文京区  (ほぼ全域利用可能)
台東区  (ほぼ全域利用可能)
墨田区  (ほぼ全域利用可能)
江東区  (ほぼ全域利用可能)
品川区  (ほぼ全域利用可能)
目黒区  目黒通り沿いを除く地域
大田区  西馬込駅付近と大井埠頭を除く地域
世田谷区 環七通り沿いと目黒通り沿いを除く地域
渋谷区  明治神宮と代々木公園周辺を除く地域
中野区  中野駅周辺を除く地域
杉並区  環七通り沿いと青梅街道沿いを除く地域
豊島区  山手線の西側の地域
北区   環七通り沿いと国道122号線沿いを除く地域
荒川区  (ほぼ全域利用可能)
板橋区  環七通り沿いと都営三田線沿線を除く地域
練馬区  都営大江戸線沿線と環七通りと目白通り沿いを除いた地域
足立区  環七通り沿いを除く足立区西部、竹ノ塚駅西口付近
葛飾区  新小岩駅付近と水戸街道沿いを除く地域
江戸川区 都営新宿線沿線を除く中川東側地域

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です