カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

釜伏峠から寄居駅へ

【コース】 釜伏峠⇒中間平⇒鉢形城跡⇒寄居駅


詳しい地図で見る

釜伏峠からは右方向に進み、
舗装された細い道をずっと歩いて、
ひたすら坂を下ります。

chuukandairafukin.png

5000mくらいで中間平、
その先約2400mで県道に出ます。

中間平のあたりは、
桑畑・栗畑・梅林などが広がっています。

kuwa&ume.png

県道をしばらく直進すると
八高線の踏切があります。

踏み切りの手前の細い道を左折し、
県道の隣の踏み切りを渡ります。

そのあたりからしばらくが
鉢形城跡と鉢形城公園で、
公園内には鉢形城歴史館などがあります。

公園はその先の荒川の橋付近まで続きます。

つきあたりを左折すると
すぐあるのが荒川の橋、正喜橋です。

ここからは荒川の風景が見事で、
隣の東武東上線の鉄橋は有名な撮影地になっています。

arakawanohashi.png

橋を渡ってさらに直進すると、
800mほどで寄居駅に到着します。

yoriieki.png

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その3)
『白石峠から定峰峠・高原の牧場・釜伏峠をめぐる』目次

コースの概要

白石車庫から大霧山へ

大霧山から釜伏峠へ 前の記事

釜伏峠から寄居駅へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

大霧山から釜伏峠へ

【コース】 大霧山⇒粥仁田峠⇒秩父高原牧場、彩の国ふれあい牧場
⇒二本木峠⇒皇鈴山⇒登谷山⇒登谷牧場⇒釜伏峠


詳しい地図で見る

階段になった坂道を下り、幅の狭い道を進むと、
広町山十バス停に抜ける分岐点があります。

ここは直進し、粥仁田峠に向かいます。
さらに進み、坂道を下ったところにあずまやが見えてきます。
ここが粥仁田峠です。

kayunitatouge.png

ここからは右に曲がって舗装された林道を歩きます。
200mくらい先の二又を左に進みます。

少し進むと急に視界が開けてきて、牧場風景が広がります。

kayunitatougenosaki.png

ゆるやかなカーブの舗装された林道をひたすら進み、
秩父高原牧場と彩の国ふれあい牧場を通過します。

bokujoufuukei.png

なお、彩の国ふれあい牧場には売店があり
4月から11月の土曜休日には
ちょっとした食事と買い物ができます。

道は再び狭く曲がりくねってきます。
さらに進むと、東秩父村・坂本方面の道との分岐点があり、
その300m先が二本木峠になります。

nihongitouge.png

500mほど先の皆野町に入るあたりで山道に入り、
さらに800mほど進むと皇鈴山に到着します。

misuzuyama.png

狭い道を進み、右側に柵が続く坂を下り、再び林道に入ります。
坂の途中などから見える鉄塔のある山がと登谷山です。
(鉄塔は2つ見えますが、手前の鉄塔のある山です)

toyasannotemae.png

林道を少し歩き再び山道を登ったところが登谷山です。
コース中ここからの眺望が最高だと思います。

toyasan.png

2つ目の鉄塔(無線中継所)のあたりには
登谷高原牧場があります。

ここでは売店と食堂があり、
バーベキューやソフトクリームなどが食べられ、
休憩ができます。

そこから少し先が釜伏峠です。

kamafusetouge.png

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その3)
『白石峠から定峰峠・高原の牧場・釜伏峠をめぐる』目次

コースの概要

白石車庫から大霧山へ 前の記事

大霧山から釜伏峠へ

釜伏峠から寄居駅へ 次の記事

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

白石車庫から大霧山へ

【コース】 白石バス停⇒白石峠⇒定峰峠⇒旧定峰峠⇒大霧山


詳しい地図で見る

東武東上線・JR八高線 小川町駅から白石車庫行きのバスに乗車し、
終点の白石車庫で下車します。

道はこの先、橋を渡って定峰峠に向かう道と
まっすぐ槻川に沿って白石峠に向かう道に分かれます、

今回は、橋を渡らずに白石峠に向かいます。

shiraishishakokara.png

少し歩いて緩やかな坂を登っていくと、
道は林道から車の通れない山道に変わります。

しだいに傾斜がきつくなり、
登りきったところで急に視界が開けてきます。

槻川源流の石碑の先が白石峠です。

白石峠では関東ふれあいの道の標識を探しましょう。
標識にしたがって、定峰峠方向の階段を登る山道に入ります。

shiraishitouge.png

登りきると、道は比較的緩やかな狭い道になります。
しばらく進み、ステンレスの手すりのある坂道を下り、
さらに進むと定峰峠に下りてきます。

sadaminetouge.png

定峰峠には2軒の店舗と飲み物の自動販売機があり、
食事と飲み物の購入ができます。

なお、この先の峠には店舗や自動販売機はなく、
食事と飲み物の購入は牧場だけになります。

再び階段を登って山道に入ります。

獅子岩を過ぎ、坂道を下ると、旧定峰峠です。
こちらは定峰峠とはうって変わって、
昔のままの峠で、何もありません。

kyuusadaminetouge.png

再び階段の坂道を登ってひたすら山道を進みます。
途中、ベンチのある休憩できる場所があり、
そこを過ぎると右側に柵が続く道になります。

oogiriyamanotochuu.png

右側に柵のある道を、
牧場風景を眺めながらしばらく歩くと、
大霧山に到着します。

oogiriyama.png

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その3)
『白石峠から定峰峠・高原の牧場・釜伏峠をめぐる』目次

コースの概要 前の記事

白石車庫から大霧山へ

大霧山から釜伏峠へ 次の記事

釜伏峠から寄居駅へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

奥武蔵の稜線上の道を歩く (その3)白石峠から寄居まで

白石峠から定峰峠・高原の牧場・釜伏峠をめぐる

【スタート地点】白石車庫バス停(東武東上線小川町駅からバス)
【ゴール地点】 東武東上線・秩父鉄道線・JR八高線 寄居駅
【距離・時間】 約35km、約8時間
【休憩場所】  定峰峠の茶屋、秩父高原牧場、登谷牧場、各峠と山頂
【見どころ】  牧場風景と途中の眺望

【コース】
白石バス停⇒白石峠⇒定峰峠⇒旧定峰峠⇒大霧山⇒粥仁田峠
⇒秩父高原牧場、彩の国ふれあい牧場⇒二本木峠⇒皇鈴山⇒登谷山⇒登谷牧場
⇒釜伏峠⇒中間平⇒鉢形城跡⇒寄居駅

ここは、『外秩父七峰縦走ハイキングコース』の後半にあたります。

【エスケープルート】
途中でリタイアする場合は東側(東武東上線側)に降りましょう。
小川町駅行きのバスに途中の停留所から乗る事ができます。

【注意点】
山の上では食事のできる店舗や自動販売機、
トイレはほとんどありません。

店舗があっても休業中ということもあるので、
決してあてにせず、
食事と飲料水は十分な量を
あらかじめ用意しておきましょう。

また、小川町までのバスは本数が少ないので、
発車時刻と終バス時刻を調べておきましょう。

【参考タイム】
実際に歩いた時の通過時刻と所要時間を参考としてご紹介します。

10:25 白石バス停
↓ (39分)
11:04 白石峠
↓ (44分)
11:48 定峰峠
↓ (33分)
12:21 旧定峰峠
↓ (29分)
12:50 大霧山
↓ (23分)
13:13 粥仁田峠
↓ (17分)
13:30 秩父高原牧場
↓ (26分)
13:56 二本木峠
↓ (17分)
14:13 皇鈴山
↓ (30分)
14:43 登谷山
↓ (10分)
14:53 登谷牧場
↓ (20分)
15:13 釜伏峠
↓ (27分)
15:40 中間平
↓ (53分)
16:33 鉢形城跡
↓ (10分)
16:43 寄居駅

所要時間:6時間18分
歩行距離:約36km
平均速度:約5.7km/時

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その3)
『白石峠から定峰峠・高原の牧場・釜伏峠をめぐる』目次

コースの概要

白石車庫から大霧山へ 次の記事

大霧山から釜伏峠へ

釜伏峠から寄居駅へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

刈場坂峠から白石車庫バス停へ

【コース】 刈場坂峠⇒大野峠⇒高篠峠⇒白石峠⇒白石車庫バス停


詳しい地図で見る

600m先の林道奥武蔵線の分岐点を過ぎ、
少し先の七曲り峠を通過します。

さらに進むと、約2500mで大野峠です。
oonotouge.png

ここから道は2つに分かれ、
左側に行くと、県民の森・丸山から芦ヶ久保や秩父方面に抜けることができます。

oonotougenobunki.png

今回は白石峠方面に行くので、
林道を通る場合は右側の道を、
山道を通る場合は標識に従って進みます。

林道を通ると、2000mほどで高篠峠、
takashinotouge.png

さらに2300mほどで白石峠に着きます。

白石峠は林道だけでも
堂平山方面の道、ときがわ町方面に下りる道、
笠山方面に向かう道、定峰峠方面の道が合流し、
歩行者用の山道は堂平山への道、定峰峠への道、
白石車庫バス停へ降りる道の3本が合流しています。

shiraishitouge.png

ここからは白石車庫へ降りる山道をひらすら下ります。
最初は人が一人歩けるだけの細い道ですが、
途中から車の通れる道になります。
峠からは3600mほどで白石車庫バス停に着きます。

shiraishishakohe.png

白石車庫バス停からは小川町駅行きのバスで帰りますが、
本数が少ないのであらかじめ時刻表を確認しておきましょう。

なお、白石車庫の手前、皆谷からのバスも少しあるので、
間隔の開いているところはチェックしてみてください。
皆谷バス停は3700mくらい先です。

最新のバスダイヤはこちらをご覧になって下さい。

イーグルバス 小川~東秩父線路線図及び時刻表
http://www.busmap.jp/ogawa.html

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その2)
『吾野駅から高山不動・関八州見晴台・大野峠・白石峠をめぐる』目次

コースの概要

吾野駅から関八州見晴台へ

関八州見晴台から刈場坂峠へ 前の記事

刈場坂峠から白石車庫バス停へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

関八州見晴台から刈場坂峠へ

【コース】 関八州見晴台⇒飯盛峠⇒ぶな峠⇒刈場坂峠


詳しい地図で見る

再び林道に戻り、1400mほど行くと、
越生方面の林道梅木線との分岐点に来ますが、
ここを下りるとバス停まで遠いので、
特別な用がない限り、別の道から下りるようにしましょう。

さらに1200mくらい先が飯盛峠です。

iimoritouge.png

なお、このあたりの区間は、
距離の短い山道が林道と平行して通っているので、
気分次第で好きな方の道を歩けます。

林道は600m先で急カーブとヘアピンの連続した下り坂となります。
bunatougenotemae.png

その約1000m先がぶな峠(ぶなは、木へんに義)です。

bunatouge.png

さらに3000mほど歩くと、
正丸駅方面へ下りる道が合流する刈場坂峠に着きます。

ここは、りんどう茶屋という休憩所があり、
かなりの数のベンチが屋内に設置されています。

kabasakatouge.png

私は何度か刈場坂峠を訪ねていますが、
店舗が営業しているのを見たことはありません。

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その2)
『吾野駅から高山不動・関八州見晴台・大野峠・白石峠をめぐる』目次

コースの概要

吾野駅から関八州見晴台へ 前の記事

関八州見晴台から刈場坂峠へ

刈場坂峠から白石車庫バス停へ 次の記事

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

吾野駅から関八州見晴台へ

【コース】 飯能駅⇒高山不動⇒関八州見晴台


詳しい地図で見る

吾野駅から坂を下り、旧国道を左側(飯能側)に進みます。
100mほどで川沿いの場所に橋がありますが、
そのまま通り過ぎ、次の信号を左折して橋を渡ります。

国道299号線の下をくぐり、
吾野中学校と西川小学校の間を通り抜け、
小さな川を渡ります。

つきあたりを左折し、川沿いの道を上流方向に進みます。
2500mほど先の志田で川と道が二又に分かれます。
ここを右方向に進むと、傘杉峠と花立松ノ峠に行くことができますが、
今回は左方向に進み、高山不動を目指します。

shida.png

1200mくらい先で右折し、山道を登ります。
3200mほどで元の林道に合流するので、
標識を見落としてずっと林道を進んでも
同じ場所に行けます。

急な階段を登った正面に高山不動があります。

takayamafudou2.png

高山不動を通り抜け、
少し登ると高山の集落です。
左折して1200mくらい先に進むと関八州見晴台に到着します。

なお、関八州見晴台には高山不動の奥の院があります。

miharashidai.png

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その2)
『吾野駅から高山不動・関八州見晴台・大野峠・白石峠をめぐる』目次

コースの概要 前の記事

吾野駅から関八州見晴台へ

関八州見晴台から刈場坂峠へ 次の記事

刈場坂峠から白石車庫バス停へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

奥武蔵の稜線上の道を歩く (その2)高山不動から白石峠まで

吾野駅から高山不動・関八州見晴台・大野峠・白石峠をめぐる

コースの概要

【スタート地点】西武秩父線 吾野駅
【ゴール地点】 白石車庫バス停(東武東上線小川町駅までバス)
【距離・時間】 約30km、約7時間
【休憩場所】  関八州見晴台、刈場坂峠、白石峠
【見どころ】  高山不動、関八州見晴台、各峠からの風景

【コース】
飯能駅⇒高山不動⇒関八州見晴台
⇒飯盛峠⇒ぶな峠⇒刈場坂峠
⇒大野峠⇒高篠峠⇒白石峠⇒白石車庫バス停
(⇒小川町駅)

【エスケープルート】
途中でリタイアする場合は
南西側(西武秩父線側)に降りましょう。

吾野駅、西吾野駅、正丸駅、芦ヶ久保駅の
いずれかに行く事ができます。

【注意点】
山の上では食事のできる店舗や自動販売機、
トイレはほとんどありません。

店舗があっても休業中ということもあるので、
決してあてにせず、
食事と飲料水は十分な量を
あらかじめ用意しておきましょう。

また、白石車庫から小川町までのバスは本数が少ないので、
発車時刻と終バス時刻を調べておきましょう。

【参考タイム】
実際に歩いた時の通過時刻と所要時間を参考としてご紹介します。

12:04 飯能駅
↓ (65分)
13:09 高山不動
↓ (20分)
13:29 関八州見晴台
↓ (25分)
13:54 飯盛峠
↓ (16分)
14:10 ぶな峠
↓ (27分)
14:37 刈場坂峠
↓ (25分)
15:02 大野峠
↓ (19分)
15:21 高篠峠
↓ (17分)
15:38 白石峠
↓ (52分)
16:30 白石車庫バス停

小川町駅

所要時間:4時間26分
歩行距離:約30km
平均速度:約6.8km/時

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その2)
『吾野駅から高山不動・関八州見晴台・大野峠・白石峠をめぐる』目次

コースの概要

吾野駅から関八州見晴台へ 次の記事

関八州見晴台から刈場坂峠へ

刈場坂峠から白石車庫バス停へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

顔振峠から吾野駅へ

【コース】 顔振峠⇒傘杉峠⇒花立松ノ峠⇒高山不動⇒吾野駅


詳しい地図で見る

顔振峠から約2000m先の三叉路は、
八徳経由で吾野駅へ下る道があるところです。
さらに200mほど先に傘杉峠があります。

kasasugitouge&temae.png

さらに進んで、2000mほど行くと、
黒山三滝方面に下りる林道があります。
ここが花立松ノ峠です。

hanatatematsunotouge.png

そこから600mほど先の道を左折し、
坂を下って500mくらいで
高山不動があります。

takayamafudou.png

ここからは道が良ければ山道を、
そうでなければ林道を下って吾野駅に向かいます。
山道を通ると約8km、
林道を通ると約9kmで吾野駅です。

なお、高山不動から一度奥に進んで西吾野駅に行くと
5kmくらいになります。

林道で約14キロ、山道で約13キロ

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その1)
『高麗駅から日和田山・顔振峠・高山不動をめぐる』目次

コースの概要

高麗駅から物見山へ

物見山から林道笹郷線分岐点

林道笹郷線分岐点から顔振峠へ 前の記事

顔振峠から吾野駅へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

林道笹郷線分岐点から顔振峠へ

【コース】 林道笹郷線分岐点⇒阿寺(または越上山)⇒一本杉峠⇒顔振峠


詳しい地図で見る

林道笹郷線分岐点のT字路から先は、
山道と林道で経由する場所が違ってきます。

山道を進むと2300mくらいで越上山に行けますが、
林道を通ると越上山から少し離れた阿寺の集落を通ります。
しかし、どちらも何もないところです。

越上山からは1200mほどで林道と合流し、右方向に進みます。
林道を通った場合は、山道との合流地点の手前で
2回ヘアピンカーブの坂を登ります。

rindoubunki.png

写真左下から来て、右下に進みます。なお、写真と標識の方向は合わせています。

今まで歩いてきた道が権現堂林道、
最初のヘアピンカーブの直線側が風影林道、
これから歩いていくのが林道奥武蔵2号線です。


詳しい地図で見る

2つ目のヘアピンの先、山道との合流地点から800m先に
顔振峠があります。

ここは、このコース沿いでいちばんにぎやかなところで、
何件かの茶屋が集まっています。

kaaburitouge.png

顔振峠見晴台は、ここから少し登ったところにあります。

林道で約5キロ、山道で約4キロ

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その1)
『高麗駅から日和田山・顔振峠・高山不動をめぐる』目次

コースの概要

高麗駅から物見山へ

物見山から林道笹郷線分岐点 前の記事

林道笹郷線分岐点から顔振峠へ

顔振峠から吾野駅へ 次の記事

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

物見山から林道笹郷線分岐点

【コース】 物見山⇒北向地蔵⇒林道笹郷線分岐点


詳しい地図で見る

物見山への分岐点からさらに1600mほど進むと、
権現堂林道にぶつかります。

kitamukinotemae.png

ここから先は、林道と山道がほぼ平行して走っているため、
平行区間はどちらを歩いてもOKです。
体力や時間、道の状態などによって好きな方を歩いてください。

訪れた日はまだ日陰に雪が残り、
それがだんだん多くなってきたので、
ここから先は林道を通りました。

林道を横切って山道を300mくらい歩くと、
北向地蔵に着きます。
左折して林道を歩いた場合は400~500mです。

kitamukijizou.png

この先の区間も、林道を通ると、
1.5~2倍程度の距離になりますが、
林道は舗装されて歩きやすく、急坂がないので、
どちらが良いかは何とも言えません。

山道を通ると、その先4000mくらいで
黒山方面に下りる道との分岐点(T字路)が見えます。
kuroyamabunki.png

一方、林道を通ると、
ユガテという場所や、
岩の割れ目が洞窟になった神社の前を通り、
山道の2倍近い距離を歩くことになります。

yugatenosakinojinja.png

林道で約8キロ、山道で約6キロ

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その1)
『高麗駅から日和田山・顔振峠・高山不動をめぐる』目次

コースの概要

高麗駅から物見山へ 前の記事

物見山から林道笹郷線分岐点

林道笹郷線分岐点から顔振峠へ 次の記事

顔振峠から吾野駅へ

カテゴリー
(4)手軽な山歩き 奥武蔵の尾根道を歩く

高麗駅から物見山へ

【コース】 高麗駅⇒鹿台橋⇒日和田山⇒高指山⇒物見山


詳しい地図で見る

高麗駅から駅の反対側に出て、
案内標識にしたがって巾着田に向かって進みます。

緩やかな坂を下ったところに鹿台橋があります。
ここまでは駅から800mほどです。

鹿台橋は巾着田の西側の入口で、
橋を渡って右側に行くと巾着田に行けます。

今回は橋を渡って100m先の信号を左折します。

300mほど先の
道が右側に曲がっているところで細い道に入り
100mほど先で左側の登山道に入って坂を登ります。

ここからしばらく登りが続きます。
少々登りがきついところもありますが、
これを登ればあとは稜線上の道を進むので
頑張って登りましょう。
なお、2.5kmくらい先が日和田山の山頂です。

その少し手前の岩場には鳥居があり、
そのあたりからは巾着田が良く見えます。

hiwadayamatemae.png

日和田山山頂から先を見ると、
小高い山の山頂付近に2基の鉄塔が見えます。
そのあたりが次の目標となる高指山です。

hiwadayama.png

(左)日和田山山頂                  (右)日和田山から見た高指山

山頂からさらに1100mほど先に進むと
車の通れる道に合流します。
山頂と鉄塔は車道を反対側に進んですぐです。

5分ほど歩くと、このあたりでは珍しく、
休憩所できる店舗と清涼飲料水の自動販売機があります。
fujimiya.png

その少し先(高指山から約700mの地点)は
合流する道との分岐と交差で複雑に入り組んでいるので、
道を間違えないように注意しましょう。


詳しい地図で見る

林道を跨ぐ橋を越えてすぐ右側の狭い山道に入ります。
さらに1400m程度進むと、
物見山へ向かう道が分岐しています。
物見山はそこからすぐです。

約7キロ

 

奥武蔵の稜線上の道を歩く 高麗から寄居まで(その1)
『高麗駅から日和田山・顔振峠・高山不動をめぐる』目次

コースの概要 前の記事

高麗駅から物見山へ

物見山から林道笹郷線分岐点 次の記事

林道笹郷線分岐点から顔振峠へ

顔振峠から吾野駅へ