カテゴリー
(8)電車・バス 便利でお得なきっぷ 東北・北海道 販売終了・内容変更 関東甲信越

大人の休日倶楽部パス(新青森開業記念版、東日本・北陸版、東日本・北海道版) 

大人の休日倶楽部パスは、2011年度からリニューアルしました。
従来は、北陸と函館を含めたフリーエリア1種類だけの発売でしたが、
本年度は北陸と函館を外したJR東日本だけのタイプと、
これに北陸または北海道を加えた3種類の発売となりました。

1日乗り放題で1万円の「JR東日本パス」も大変お得ですが、
ほぼ同じ区間を4日間乗り放題で1万3千円はさらにお得です。

▼フリーエリア
(A) 新青森開業記念版
JR東日本全線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、
北越急行線、伊豆急行線、富士急行線の
特急(新幹線を含む)・急行列車の普通車自由席が乗り降り自由です。
※新青森開業記念版で函館エリア・北陸エリアは利用できません。

(B) 東日本・北陸版
上記、(A)新青森開業記念版に加え、JR西日本北陸エリアが追加になります。
(JR西日本北陸エリアは、北陸本線 直江津~福井、大糸線 南小谷~糸魚川、
高山本線 富山~猪谷、および城端線、氷見線、七尾線の全線です)
※東日本・北陸版で函館エリアは利用できません。

(C) 東日本・北海道版
上記、(A)新青森開業記念版に加え、JR北海道線全線が追加になります。
※東日本・北海道版で北陸エリアは利用できません。

▼ねだん
(A) 新青森開業記念版 13000円

(B) 東日本・北陸版  15000円

(C) 東日本・北海道版 23000円

▼利用期間
(A) 新青森開業記念版
[第1回] 2011年 6月23日(木)~ 7月 5日(火)

(B) 東日本・北陸版
[第1回] 2011年 9月 1日(木)~ 9月13日(火)
[第2回] 2012年 1月12日(木)~ 1月24日(火)

(C) 東日本・北海道版
[第1回] 2011年 9月 1日(木)~ 9月13日(火)
[第2回] 2012年 1月12日(木)~ 1月24日(火)

ちなみに、JR東日本パスの有効期間は次のようになっており、
期間が重ならないように設定されています。
[第1回] 2011年 6月11日(土)~ 6月20日(月)
[第2回] 2011年 7月 9日(土)~ 7月18日(月)

▼発売期間
(A) 新青森開業記念版
[第1回] 2011年 5月23日(月)~ 7月 1日(金)

(B) 東日本・北陸版
[第1回] 2011年 8月 1日(月)~ 9月 9日(金)
[第2回] 2011年12月12日(月)~2012年 1月20日(金)

(C) 東日本・北海道版
[第1回] 2011年 8月 1日(月)~ 9月 8日(木)
[第2回] 2011年12月12日(月)~2012年 1月19日(木)

発売開始日は各利用期間初日の1ヶ月前の同じ日からとなります。
また、発売終了日は各利用期間最終日からきっぷの有効日数の前倒しとなります。
※利用日当日の発売はしません。

▼有効期間
(A) 新青森開業記念版 連続する4日間

(B) 東日本・北陸版  連続する4日間

(C) 東日本・北海道版 連続する5日間

▼発売箇所
JR東日本の主な駅の指定席券売機
指定席券売機のご案内「大人の休日倶楽部パス」のお求め方ページ
びゅうプラザ
みどりの窓口

※「はやぶさ号」を利用する場合は、別に無割引の特急券等を購入してください。
※あらかじめ座席の指定を受ければ、6回までなら、普通車指定席または
「あけぼの号」に限りB寝台(B個室を除く)も利用できます
(指定券の発売は、ご利用日の1カ月前の午前10時からです)。
※富士急行線内で運転する「フジサン特急」の展望車に乗車する場合は着席整理券が、「富士登山電車」に乗車する場合は着席券が別に必要です(別料金)。

 

カテゴリー
(8)電車・バス 便利でお得なきっぷ 東北・北海道 販売終了・内容変更 関東甲信越

JR東日本パス

JR東日本パスは、JR東日本線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線
及び北越急行線の特急(新幹線を含む)・急行列車の普通車自由席が
1日間乗り降り自由のきっぷです。

あらかじめ座席の指定を受ければ、
普通車指定席(「はやぶさ号」を含む)が2回まで利用できます。

また、有効期間が1日だけのため、日帰りでの利用はもちろん、
往路分と復路分を別々に購入することで、目的地に数日間滞在する旅行にも
大変便利に利用できます。

例えば、2泊3日で旅行する場合、初日と最終日は長距離の移動のため、
きっぷを有効に使えますが、2日目は現地付近での移動が主になり、
今までのきっぷはあまり電車を利用しない2日目が無駄になってしまいました。

【発売期間】平成23年5月11日~平成23年7月17日
※利用開始日の1ヶ月前から前日までの発売となります。
(利用当日の発売はしません)

【利用期間】第1回:平成23年6月11日~平成23年6月20日
第2回:平成23年7月9日~平成23年7月18日

【有効期間】1日間

【設定区間】JR東日本パス フリーエリア内

・フリーエリアはJR東日本全線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線
及び北越急行線となります。
・フリーエリア内では、特急(新幹線含む)・急行列車の普通車自由席が
乗り降り自由です。

【値段】 大人 10,000円 、小児 5,000円

【利用条件】
・「盛岡~新青森間」「盛岡~秋田間」相互発着の「特定特急区間」を利用する場合は、
きっぷ本券のみで「はやぶさ号」「はやて号」「こまち号」の空いている普通車の席を
何度でも利用できます。

・青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線が利用できます。
それ以外の他会社線を利用する場合は、別に運賃・料金が必要です。

・東海道新幹線は利用できません。

【指定席の利用条件】
・あらかじめ座席の指定を受ければ、2回に限り普通車指定席(「はやぶさ号」を含む) を利用できます。

・全車指定席の「はやぶさ号」「はやて号」「こまち号」「成田エクスプレス号」等を
利用する場合は、必ず座席の指定を受けてください。

※立席を利用する場合にも立席号車の「指定席のみ券」が必要となり、
指定席利用回数にカウントされます。

・定められた回数を超えて、またはあらかじめ座席の指定を受けずに指定席・立席を
利用する場合は運賃のみ有効となり別に無割引の特急料金等が必要です。

※本券のご利用にあたり「大人の休日倶楽部割引」「ジパング倶楽部購入証」及び
各種割引証等との併用はできません。
3回以上の指定席利用については、別に無割引の料金で購入する必要があります。

【変更について】

・利用日の変更は希望する利用日の前日まで1回に限り行います。
[例]6月16日当日に「6月16日ご利用分」に変更することはできません。
※6月15日の取扱窓口の営業時間内までに変更を申し出てください。

・指定を受けた列車を変更する時は、出発前の指定席券ときっぷ本券を
「みどりの窓口」へお持ちください。

【払戻し】
・有効期間内で未使用の場合に限り、このきっぷを発売している取扱箇所で行います。
ただし、指定席券を発行した場合、列車出発後の払戻しは未使用であってもできません。
・払戻しには630円の払戻手数料がかかります。
・列車の運行不能・遅延による払戻しは行いません。

【その他】
・新幹線自動改札機をご利用の際は「きっぷ」本券と指定席券を同時に投入してください。
これにより、車内での改札の煩わしさがなくなります。

【駅レンタカースペシャル料金】
「JR東日本パス」利用の際、フリーエリア内の駅レンタカー営業所で
駅レンタカーのSクラス(1,000~1,400CCクラス)を
1暦日3,500円で利用できれます。

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

阿武隈急行と福島交通の一日乗車券

沿線のハイキングや温泉を楽しむのにピッタリの乗車券です。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

・阿武隈急行 フリー切符 阿武隈急行線全線
・飯坂温泉 宿泊の旅切符 阿武隈急行線全線、福島交通飯坂線全線
・飯坂線1日フリー乗車券 福島交通飯坂線全線

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】
・阿武隈急行 フリー切符 大人 600円、子供 300円
・飯坂温泉 宿泊の旅切符 大人2000円、子供1000円
・飯坂線1日フリー乗車券 大人 500円、子供300円

【有効期間】
・阿武隈急行 フリー切符 1日間
・飯坂温泉 宿泊の旅切符 2日間
・飯坂線1日フリー乗車券 1日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】
・阿武隈急行 フリー切符 毎月第一日曜日、元日、鉄道の日、子供の日(子供用のみ)
・飯坂温泉 宿泊の旅切符 平成20年3月30日~ 通年
・飯坂線1日フリー乗車券 土休日

【利用期間】
・阿武隈急行 フリー切符 毎月第一日曜日、元日、鉄道の日、子供の日(子供用のみ)
・飯坂温泉 宿泊の旅切符 平成20年3月30日~ 通年
・飯坂線1日フリー乗車券 土休日

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所

・阿武隈急行 フリー切符 阿武隈急行内の各有人駅など
・飯坂温泉 宿泊の旅切符 阿武隈急行内の各有人駅
・飯坂線1日フリー乗車券   -

■■ 利用条件

◆詳しい利用条件は各きっぷの案内ページをご覧下さい

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
阿武隈急行
http://www.abukyu.co.jp/index2.html

福島交通
http://www.fukushima-koutu.co.jp/x/

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

◆阿武隈急行フリー切符は月1回、飯坂線1日フリー乗車券は土休日のみの限定発売です。
◆飯坂温泉 宿泊の旅切符は、飯坂温泉の宿泊に関係なくいつでも利用できます。

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  該当列車はありません
◆出発駅がフリーエリア内
◆発売制限  利用当日のみ
◆利用可能期間 きっぷによって異なります(通年、土日祝日中心、期間限定)

■■ ライバルのきっぷ

・阿武隈急行 フリー切符
・飯坂温泉 宿泊の旅切符
・飯坂線1日フリー乗車券
・飯坂温泉日帰りきっぷ

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

仙台市内の各種一日乗車券

仙台市内の散策に便利なきっぷを集めてみました。目的地と行動範囲によって最適なきっぷが選べます。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

・仙台まるごとパス
仙台を中心に、松島・松島海岸・山寺・白石駅までのJR線、
仙台空港鉄道、仙台市営地下鉄の全線、阿武隈急行(槻木~角田)
るーぷる仙台、仙台市営バス、宮城交通の仙台~秋保大滝路線、
・ゴールデンウィークecoきっぷ
地下鉄全線、バス(仙台市、大和町、富谷町、川崎町、及び名取市の一部)
・地下鉄一日乗車券 全日用 地下鉄全線
・地下鉄一日乗車券 土・日・休日用 地下鉄全線
・市バス一日乗車券 市内区域券 市バスの市内区域全線
・市バス一日乗車券 近郊区域券 市バスの近郊区域内全線

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】
・仙台まるごとパス         大人2600円、子供1300円
・ゴールデンウィークecoきっぷ   大人1000円、子供 500円
・地下鉄一日乗車券 全日用     大人 820円、子供 410円
・地下鉄一日乗車券 土・日・休日用 大人 600円、子供 300円
・市バス一日乗車券 市内区域券   大人 620円、子供 310円
・市バス一日乗車券 近郊区域券   大人 950円、子供 480円

【有効期間】
・仙台まるごとパス         2日間
・ゴールデンウィークecoきっぷ   1日間
・地下鉄一日乗車券 全日用     1日間
・地下鉄一日乗車券 土・日・休日用 1日間
・市バス一日乗車券 市内区域券   1日間(3日用もあります)
・市バス一日乗車券 近郊区域券   1日間(3日用もあります)

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】
・仙台まるごとパス         通年
・ゴールデンウィークecoきっぷ   平成21年4月13日(月)~5月6日(水)
・地下鉄一日乗車券 全日用     通年
・地下鉄一日乗車券 土・日・休日用 通年
・市バス一日乗車券 市内区域券   通年
・市バス一日乗車券 近郊区域券   通年

【利用期間】
・仙台まるごとパス         通年
・ゴールデンウィークecoきっぷ   平成21年4月25日(土)~5月6日(水)
・地下鉄一日乗車券 全日用     通年
・地下鉄一日乗車券 土・日・休日用 土休日
・市バス一日乗車券 市内区域券   通年
・市バス一日乗車券 近郊区域券   通年

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所
・仙台まるごとパス
JR東日本の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センター、
営業販売センター及びJR東日本管内のJTB等の主な旅行会社・仙台空港券売機
・他のきっぷ
地下鉄各駅窓口、地下鉄駅各乗車券発売所、交通局庁舎内乗車券発売所など

■■ 利用条件

◆詳しい利用条件は各きっぷの案内ページをご覧下さい

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
仙台市交通局
http://www.kotsu.city.sendai.jp/

仙台まるごとパス
http://www.sentabi.jp/marugoto/

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

◆目的によって最適なきっぷが選べます。

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  該当列車はありません
◆出発駅がフリーエリア内
◆発売制限  利用当日も可能
◆利用可能期間 きっぷによる(通年、土日祝日中心、期間限定)

■■ ライバルのきっぷ
・仙台まるごとパス
・ゴールデンウィークecoきっぷ
・地下鉄一日乗車券 全日用
・地下鉄一日乗車券 土・日・休日用
・市バス一日乗車券 市内区域券
・市バス一日乗車券 近郊区域券

 

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

山形鉄道 土休日フリー切符

長井線が一日乗り放題の便利でお得なきっぷです。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

山形鉄道 長井線全線

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】 大人1000円、子供00円
【有効期間】1日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】 土休日

【利用期間】 土休日

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所

主な駅など(列車内でも購入できるようです)

■■ 利用条件

◆山形鉄道長井線全線が一日乗り降り自由です。

◆この切符一枚で大人一人、小学生二人まで利用できます。

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
山形鉄道
http://www.flower-liner.jp/

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

◆このきっぷ1枚で大人1人と同伴の小学生2人まで利用できるので、
家族で利用するのに便利です。

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  該当列車はありません
◆出発駅がフリーエリア内
◆発売制限  利用当日のみ(事前購入が可能かどうかは分かりません )
◆利用可能期間 土日祝日中心

■■ ライバルのきっぷ
ありません

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

秋田内陸縦貫鉄道 ホリデーフリーきっぷ

秋田内陸縦貫鉄道の全線または一部区間が乗り降り自由の便利なきっぷです。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

・ホリデーフリーきっぷ全線タイプ 全線で急行列車まで乗車可
・ホリデーフリーきっぷAタイプ 鷹巣~松葉間で乗車可
・ホリデーフリーきっぷBタイプ 阿仁合~角館間で乗車可

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】
・ホリデーフリーきっぷ全線タイプ 大人2000円、子供1000円
・ホリデーフリーきっぷAタイプ  大人1000円、子供 500円
・ホリデーフリーきっぷBタイプ  大人1000円、子供 500円

【有効期間】1日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】通年

【利用期間】土休日

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所

下記発売箇所で、乗車日の1ヶ月前から購入できます。
鷹巣駅・合川駅・米内沢駅・阿仁前田駅・阿仁合駅・角館駅
道の駅あに 「最寄駅 比立内」
本庄商店(上桧木内小学校そば)  「最寄駅 上桧木内」
㈱中央商会(ガソリンスタンドJOMO桧木内SS)  「最寄駅 松葉」
西木温泉ふれあいプラザクリオン  「最寄駅 西明寺」
角館プラザホテル  (仙北市角館町)
※角館プラザホテルでは、「ホリデーフリーきっぷAタイプ」は発売しておりません。

■■ 利用条件

◆ホリデーフリーきっぷAタイプ、ホリデーフリーきっぷBタイプで急行列車を利用する場合は、別に急行券が必要です。

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
秋田内陸縦貫鉄道
http://www.akita-nairiku.com/

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

◆ホリデーフリーきっぷ全線タイプでは、急行列車も乗車できます。
◆別に急行券をこうにゅうすれば、
ホリデーフリーきっぷAタイプ、ホリデーフリーきっぷBタイプで
急行列車を利用することができます。
◆列車内では購入できませんのでご注意下さい。

■■ きっぷのタイプ

◆有料急行の利用  無料で利用可能(全線タイプ)、
急行券の購入で可能(Aタイプ、Bタイプ)
◆出発駅がフリーエリア内
◆発売制限  利用当日も可能
◆利用可能期間 土日祝日中心

■■ ライバルのきっぷ
ありません

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

函館市内の各種一日乗車券

函館市内を散策するのに便利なきっぷを比較しました。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

・市電一日乗車券 市電
・市電・函館バス共通1日乗車券 市電、函館バスフリーエリア
・市電・函館バス共通2日乗車券 市電、函館バスフリーエリア

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】
・市電一日乗車券  大人600円、子供300円
・市電・函館バス共通1日乗車券 大人1000円、子供500円
・市電・函館バス共通2日乗車券 大人1700円、子供850円

【有効期間】
・市電一日乗車券  1日間
・市電・函館バス共通1日乗車券 1日間
・市電・函館バス共通2日乗車券 2日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】通年

【利用期間】通年

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所
駒場営業所、市電の車内および市内各所の乗車券販売所、
函館空港(函館バス・市電共通1日,2日乗車券のみ)

■■ 利用条件

◆市電のみまたは市電と函館バスに1日間または2日間乗り降り自由です。

◆函館バスのフリーエリアはこちらをご覧下さい
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/ticket/1day11.jpg

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
函館市交通局
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/ticket/index.htm

函館バス
http://www.hotweb.or.jp/hakobus/#

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

◆函館バスのフリーエリアはこちらで確認していただくか、
函館バスに問い合わせてください。
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/ticket/1day11.jpg

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  該当列車はありません
◆出発駅がフリーエリア内
◆発売制限  利用当日も可能
◆利用可能期間 通年(いつでも利用可能)

■■ ライバルのきっぷ

・市電一日乗車券
・市電・函館バス共通1日乗車券
・市電・函館バス共通2日乗車券

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

札幌市内の各種一日乗車券

札幌市内をめぐるのに便利な各種の一日乗車券を比較しました。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

・共通1DAYカード    地下鉄、市電、市内の主なバス
・エコきっぷ      地下鉄、市電、市内の主なバス
・地下鉄専用1DAYカード 地下鉄
・ドニチカきっぷ    地下鉄
・どサンこパス     市電

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】
・共通1DAYカード    大人1000円、子供500円
・エコきっぷ      大人 700円、子供350円
・地下鉄専用1DAYカード 大人 800円、子供400円
・ドニチカきっぷ    大人 500円、子供250円
・どサンこパス     大人 300円、子供300円

【有効期間】1日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】通年
・共通1DAYカード    通年
・エコきっぷ      通年
・地下鉄専用1DAYカード 通年
・ドニチカきっぷ    通年
・どサンこパス     土休日(利用当日のみ)

【利用期間】
・共通1DAYカード    通年
・エコきっぷ      毎月5日と20日
・地下鉄専用1DAYカード 通年
・ドニチカきっぷ    土休日
・どサンこパス     土休日

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所

地下鉄各駅、定期券発売所など
(きっぷによっては発売場所、発売日に制限があります)

■■ 利用条件

◆利用当日限り有効

◆共通1DAYカードは市営交通(地下鉄・市電)ジェイ・アール北海道バス/じょうてつバス/中央バスが1日乗り放題です。
(バスの対キロ区間、イベント開催時のバス臨時便は別料金となります。)

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
札幌市交通局
http://www.city.sapporo.jp/st/card.html

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

◆利用できるバス路線と範囲はこちらで確認していただくか、
札幌市交通局・バス各社へお問い合わせ下さい。

共通1DAYカードで利用できるバス路線と範囲
http://www.city.sapporo.jp/st/map1day.html

エコきっぷで利用できるバス路線と範囲
http://ekibus.city.sapporo.jp/eco/range.html

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  該当列車はありません

◆出発駅がフリーエリア内

◆発売制限  利用当日のみ(どサンこパス) 他は利用当日も可能

◆利用可能期間 通年(いつでも利用可能)、土日祝日中心、期間限定 (きっぷによる)

■■ ライバルのきっぷ

共通1DAYカード
エコきっぷ
地下鉄専用1DAYカード
ドニチカきっぷ
どサンこパス

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

小さな旅ホリデー・パス

土・休日などの1日間、各フリーエリア内の普通列車(快速を含む)の普通車自由席が乗り降り自由のきっぷです。別に特急券等を購入すれば特急列車等(東北新幹線を除く)も利用できます。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

・南東北フリーエリア
仙台・福島を中心に、
東北本線石越~新白河まで、常磐線岩沼~山下まで、
石巻線、仙石線、仙山線、左沢線
陸羽西線小牛田~新庄まで、奥羽本線福島~新庄まで
磐越東線郡山~小野新町まで、磐越西線郡山~喜多方まで
只見線会津坂下まで

・いわてフリーエリア
盛岡を中心に
IGRいわて銀河鉄道盛岡~好摩、花輪線好摩~東大館
東北本線盛岡~花泉、北上線北上~ほっとゆだまで
気仙沼線気仙沼~南気仙沼、田沢湖線盛岡~雫石
山田線、岩泉線、大船渡線

・あおもりフリーエリア
津軽線青森~三厩、東北本線青森~八戸、
大湊線野辺地~大湊、八戸線八戸~久慈

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】

南東北フリーエリア  大人2400円、子供1200円
いわてフリーエリア  大人2200円、子供1100円
あおもりフリーエリア 大人2000円、子供1000円

【有効期間】1日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】

【利用期間】土・休日(ただし4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月23日~1月7日は毎日利用できます)

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所
各フリーエリア内の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社

■■ 利用条件

◆フリーエリア内では、普通列車(快速を含む)の普通車自由席が乗り降り自由です。  ◆いわてフリーエリアは、IGRいわて銀河鉄道線の「盛岡~好摩間」も乗り降り自由です。
◆東北新幹線は利用できません。
ただし、山形新幹線「福島~新庄間」、秋田新幹線「盛岡~雫石間」に限り
別途特急券を購入すると利用できます。
◆大晦日~元旦にかけて、臨時列車が運行される場合は、
始発列車の運行開始前まで利用できます。

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
JR東日本
http://www.jreast.co.jp/

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

特急券を購入すれば、山形新幹線「福島~新庄間」、秋田新幹線「盛岡~雫石間」を含む特急列車を利用できます。

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用 特急券などの購入で可能(山形新幹線・秋田新幹線の在来線との共用区間)

◆出発駅がフリーエリア内

◆発売制限  利用当日も可能

◆利用可能期間 通年(いつでも利用可能)

■■ ライバルのきっぷ

仙台まるごとパス

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

津軽フリーパス

弘前を中心としたフリーエリア内の普通列車(快速含む)の普通車自由席とバスが2日間乗り降り自由になり、津軽の観光地を巡るのに適したきっぷです。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

奥羽本線 碇ヶ関~川部、五能線 川部~五所川原
津軽鉄道 五所川原~芦野公園
弘南鉄道 中央弘前から大鰐温泉、弘前~黒石
弘南バス

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】 大人1500円、子供750円
【有効期間】2日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】通年

【利用期間】通年

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所

秋田エリア、盛岡エリアのみどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社

■■ 利用条件

◆フリーエリア内では、JR東日本線、弘南鉄道線、津軽鉄道線の普通列車(快速含む) の普通車自由席と弘南バスの指定区間が乗り降り自由です。
(弘前市内環状線・浜の町線、弘前バスターミナル~碇ヶ関・黒石・尾上駅前・大川原・嶽温泉・田代・ロマントピアの各区間、黒石市内環状線、黒石~虹の湖公園間、五所川原市内環状線)
ただし、弘前~津軽峠間の直行バスは利用できません。

◆「リゾートしらかみ号」を利用する場合には、別途指定券が必要となります。
◆津軽鉄道線のストーブ列車はご利用になれません。

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
JR東日本
http://www.jreast.co.jp/

津軽フリーパス
http://www.tsugaru-freepass.jp/index.html

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

◆津軽鉄道線のストーブ列車に乗車する場合は、
別途運賃とストーブ列車料金が別途必要です。
◆特急・急行列車に乗車する場合は、特急券・急行券と乗車券が別途必要です。

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  不可(乗車券と特急券などが必要)

◆出発駅がフリーエリア内

◆発売制限  利用当日も可能

◆利用可能期間 通年(いつでも利用可能)

■■ ライバルのきっぷ

津軽フリーパス・プラス白神

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

五能線パス

フリーエリア内では、普通列車(快速含む)の普通車指定席及び自由席が利用でき、五能線をめぐる旅に便利なきっぷです。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

五能線(A)パス 五能線全線と奥羽本線秋田~青森
五能線(B)パス 五能線東能代~千畳敷と奥羽本線秋田~東能代
五能線(C)パス 五能線全線と奥羽本線東能代~青森

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】

五能線(A)パス 大人5,000円、子供2,500円
五能線(B)パス 大人3,000円、子供1,500円
五能線(C)パス 大人3,200円、子供1,600円

【有効期間】2日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】通年

【利用期間】通年

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所

JR東日本の秋田、盛岡および仙台エリアの主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社

■■ 利用条件

◆フリーエリア内では、普通列車(快速含む)の普通車指定席及び自由席が利用できます。
◆有効期間開始日の変更は1回に限ります。

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
JR東日本
http://www.jreast.co.jp/

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

奥羽本線の特急列車に乗車するには特急券が必要
また、「リゾートしらかみ号」の普通車指定席を利用するには事前に指定を取る必要がある

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  特急券などの購入で可能

◆出発駅がフリーエリア内

◆発売制限  利用当日も可能

◆利用可能期間 通年(いつでも利用可能)

■■ ライバルのきっぷ

ありません

カテゴリー
(8)電車・バス 一日乗車券など 便利でお得なきっぷ 東北・北海道

北海道フリーパス

北海道内の特急・急行列車とJR北海道バス(一部区間を除く)が自由に乗り降りできる大変おトクなきっぷです。また、指定席も6回まで利用できます。

*—*—* きっぷの内容 *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ フリーエリア

北海道内JR線全線とJR北海道バス(一部区間を除く)

■■ ねだんと有効期間

【ねだん】 大人25,500円、子供(設定なし)
【有効期間】7日間

■■ 発売期間と利用期間

【発売期間】繁忙期(年末年始、GW、お盆)を除く

【利用期間】繁忙期(年末年始、GW、お盆)を除く

■■ 設定区間

フリーエリア内各駅から

■■ 主な発売場所

駅のみどりの窓口、主な旅行会社

■■ 利用条件

◆道内完結の特急・急行列車普通車自由席が乗り放題です。
また、普通車指定席も6回まで利用できます。
◆カシオペア、北斗星、トワイライトエクスプレス等、本州からの直通特急列車、
札幌~旭川・帯広・紋別・えりも・広尾間の都市圏バス及び臨時バス路線、
キロロリゾートのバス線、急行「はまなす」の寝台車は利用できません。
◆平成21年5月2日~5月6日、平成21年8月12日~8月16日、
平成21年12月29日~平成22年1月3日は利用できません。

最新情報など詳しくはきっぷを販売している各社のサイトをご覧下さい。

【詳しい情報はこちら】
JR北海道
http://www.jrhokkaido.co.jp/

*—*—* チェックポイント *—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

■■ おすすめ&注意点

本州からの直通特急列車や急行「はまなす」の寝台車は利用できません。
また、北海道外から利用する場合は、道内までの乗車券等が必要になります。

■■ きっぷのタイプ

◆有料特急の利用  無料で利用可能

◆出発駅がフリーエリア内

◆発売制限  利用当日も可能

◆利用可能期間 特定期間を除く(年末年始、GW、お盆)

■■ ライバルのきっぷ

ぐるり北海道フリーきっぷ